トップ / 賃貸物件に住む魅力について

賃貸物件に住む魅力について

賃貸に住む魅力は

不動産会社

賃貸で住むことは便利な

賃貸住宅に住むというのには大きな魅力があります。それは自分の好みの間取りや場所などを選べることです。ライフスタイルにあったもの、結婚をしたり、出産をしたりした時には、その変化に合わせて住宅を変更させることが簡単にできるのです。その場所が自分が思っていたようなところではなく不満を感じた場合とか、不便を感じたときには、また、引越しをすることができる賃貸は精神的にも負担が少ないです。自分で責任を負う税金などが要らないこともないことや、収入により、住むところもかえることで良いのです。土地の価値の心配なども不要です。

賃し住宅と一戸建てやマンション

住宅について昔から論争があるのが賃貸と分譲(注文)などの一戸建て・分譲マンションはどちらがいいかということです。それぞれにメリットだけでなくデメリットがありますが、実際どちらに住んでいる人が多いのでしょうか。年代別に見ると20代は分譲一戸建てや注文一戸建て・そして分譲マンションが1割程度と少ないのが特徴です。ですが、30代になると分譲(注文)と賃貸が半々になります。これは30代になると子どもが成長し、給料も増えるため一戸建てやマンションを購入する人が増えるからです。その後40代、50代で一戸建てやマンションを購入する人は少しずつ増えていき、70代80代になると6割~7割は持ち家で残りは借り家になります。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸不動産の経営者になる. All rights reserved.